美容クリニック エステ 違い

MENU

美容クリニックの医療脱毛とエステ脱毛の違いとは

医療機関で行う医療脱毛は、レーザーを使って脱毛をするレーザー脱毛。医師免許が必要な医療行為なので、脱毛エステでは扱えない脱毛です。以前は火傷等のトラブルが多発したために、脱毛エステで使える脱毛器は厳しくなっています。

 

医療脱毛はレーザーを使って1本ずつ処理

女医

以前は、医療脱毛といえば、ハリ(ニードル)を毛穴に入れて1本1本の毛根を焼く方法だけでしたが、時間がかかり痛みが強いので、現在はレーザーで複数本まとめて処理する方法が主流です。

 

レーザーの出力が大きく脱毛の効果は永久脱毛と高い脱毛効果があります。一方でハリ脱毛に比べれば痛みはましですが、それでもエステ脱もに比べると痛みがあるのが特徴。我慢できないで途中で断念する人もいるので自分に合うかチェックが必要です。
さらに保険適応外になるので、費用はすべて自己負担になり格安とはなりません。

 

脱毛エステサロンの光(フラッシュ、ライト、IPL)脱毛

エステサロンは医療行為はできないので、弱い光のエネルギーを使った脱毛を行っています。そのため、一定の期間だけ抑毛効果が得られるという脱毛法で永久脱毛ではありません。

 

黒い色素に反応する光を当てて、光のエネルギーでムダ毛を焼く方法で、ハリ(ニードル)やレーザーと違って一度に広い範囲を処理でき、痛みが少ないので続けやすいのが特徴です。また、脱毛に加えて併用するジェル等の美容成分により、肌の保湿効果美白・美肌効果が得られ、きれいな肌になれるのも人気になっています。

 

ただ表面に出ている成長期の毛しか処理できないので、何度も同じ部位に光を当てて処理する必要があり、6回の照射でムダ毛の40%が、12回で80%18回で90%くらいが処理できるので、一般的に1年半から3年くらい通う必要があります。